長時間労働は心臓病リスクをどれくらい上げるのか?

慢性的な長時間労働は不規則な生活とストレスで健康に悪影響を与えることが予想されます。突然死の原因にもなる心臓病に関しては、長時間労働によってどの程度リスクが上がるのでしょうか。

労働時間が長いほど心臓病リスクが上昇

心臓病リスクに関連する大規模な調査がロンドン大学のMika Kivimaki教授(疫学・公衆衛生学)らの研究チームによって行われました。

フォローアップ期間は12年。心臓病の危険因子と考えられる年齢、血圧、コレステロール値、喫煙習慣、糖尿病の既往、そして平均労働時間を5年ごとのスクリーニング検査で確認しました。対象となったのは研究開始時に心疾患や狭心症と診断されていないイギリスの39~62歳の男女7095人です。

研究の結果、労働時間が長時間になるほど心臓病のリスクが上昇することがわかりました。1日7~8時間労働の人に比べ、10時間労働の人で45%、11時間労働の人で67%リスクが上昇したといいます。

心臓病の問診で労働時間の確認を

心臓病の問診では飲酒・喫煙習慣、血圧、糖尿病の既往歴などが確認されますが、このとき労働時間の把握を加えることで、発症の危険性をより正確に診断できると考えられます。

長時間労働は心臓病のリスクを高める要因のひとつであり、とりわけ糖尿病、高血圧、コレステロールといった他の要因を多く持っている人ほど危険は大きくなります。

心臓病のリスクを高める要因を持っている人は長時間労働が続かないように注意すべきでしょう。反対に、長時間労働の現状をどうしても変えられないという人は、食事や運動に気を配り、それ以外の要因を作らないこと、悪化させないことが大切です。

このほか、長時間労働によるハードワークは、ストレスによって筋肉を減少させることが分かっています。筋肉を減らさないためにはタンパク質の摂取と運動が大切です。ハードワークとプロテインの関係はこちらの記事で詳しく解説されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする